読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然志向の背後にあるもの

被爆を気にする人って、化学物質を避けている人が多いようにと思います。自然志向というか、エコ、オーガニック、ロハス、スロー…などなど、そういうものを好む。

 

私もそうでした。大量消費、大量生産のものより、何かそっちの方がいいような気がしてしまっていました。私の周りには、布オムツ派のお母さんや、マクロビオティックに詳しい人、シュタイナーが好きな人、ヨガが好きな人、などなど、などなど…そんな人たちがたくさんいました。西洋医学を嫌い、東洋医学的なもの、自然療法を好む。ホメオパシーや、アロマテラピー、整体などに頼る。

 

私も、マクロビオティックにトライしたこともありますし、自然農法のやり方で畑をやってみたり、整体を習ったりしたこともありました。

 

でも、一通り?そんなものに触れた後、正直、どれもしっくりこなくて、結局、何にもないというか、芯がないというか。そんなふうに感じていました。どれもこれも、100%納得できるものはなくて、どこか矛盾している。食事についても、様々な説があって、マクロもあれば、ナチュラルハイジーンという、糖質を避けてローフードを勧めるものもあったり、でもどれも嘘で、結局は流行、ビジネス、ファッションなのではないかと、うっすら思っていました。

結構前からですが、ブランドものを勧めるファッション雑誌でロハスとかマクロビオティックとか取り上げられるようになったし、その時点で、???と思っていました。売れれば何でもいいんだなと。

 

大して納得していないけれど、西洋医学はもっと嫌だし、他に頼るものがなかったので、風邪をひいたり、ちょっとした体調不良はいつも自然療法。また、食べ物も、添加物や農薬はやっぱり悪い気がするので、買う物はなるべくオーガニック…というな生活をしていました。

 

また思い出したのですが、そういう自然志向の友人や知り合いとつながっていることで、本当に色んな商品に出会いました。やっぱり被爆による健康被害を防ぐということで、湧き水の酵素とか、ホーリーバジル、ホメオパシーの被爆対策レメディ、酵素玄米、黒入り玄米、豆乳ヨーグルト…。

 

発酵食品が被爆による健康被害に効くという情報を信じて、米のとぎ汁を発酵させたものをつくって飲んでいる知り合いもいました。なんでも、微生物がたくさん体のなかにいる方が、抵抗力が強いとか。健康のために、ぬか漬けとか、色んな発酵食品を手作りしている人もいました。

 

でも、そもそも、自分の心の状態が悪かったら、どんなにいいものを食べても、本当に元気にはなれないと思うのです。RAPTさんのブログに出会ってそう思いました。

自分の精神状態が良くないのに、健康になんかなれません。

 

毎日、怒ったり憎んだり、ちょっとした出来事で心が揺れ動き、でも表面上は適当に他人に合わせて楽しげに生きている。その場だけ、適当に合わせておしゃべりをして、嫌われないように、とにかく、世間とうまくやっていく。

 

でも何かとストレスが溜まって、そういう時は飲みに行ったり、愚痴を言ったり、買い物をしたり、ゲームやテレビや音楽、映画などの娯楽で発散する。でも、根本的な問題、ストレスは解決されない。でも目をそらして、人生こんなものだと思って、苦しみを心に抱えながら毎日をそのように生きていく。

 

そんな生き方が、人間の一生なのか。そんな、ただ適当に世間に合わせて自分の本音を隠して、苦しみや苦々しい思いは隠して、うまく、表面上は楽しそうに、要領よく生きていくのが人の一生なのでしょうか。

 

心の状態は良くないのに、食べ物や何かの商品や健康法?によって、健康になれると思って、お金や時間をそういうことに使ってしまう。かつての私もでしたが、まさに騙されていると思います。

 

恐ろしいのは、そういうものに頼ると、その背後にあるものが、その人の神になってしまうということです。

 

本当の神様は、人間を万物よりも上の存在として創られたのに、微生物やら、食べ物やら、また自分の自然治癒力やら、他のものに依存するように巧妙に誘導されていると思います。すべてを創造された本当の神様から、私たちを引き離そうとしている存在=悪魔がいるのです。人間は、何より本当の神様を愛し、より頼むべきなのです。

 

 

以下のRAPTさんの記事も、おすすめです。

 

http://rapt-neo.com/?p=37295

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。