読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放射性物質、被爆について

放射性物質福島第一原発事故のあと、私の生活はどんなに変わったでしょう。

小さな子どもがいて、私にはチェルノブイリ事故の知識がありました。

私が住む地域は関東でしたが、ネットの情報では、福島からの風下になっており、関東にも、かなりの放射性物質が運ばれてきており、汚染されていると言われていました。

武田邦彦氏のブログで、スリーマイル島原発事故によって放出された放射性物質の量くらいのものが、福島から毎日垂れ流されているという記事を読み、卒倒しそうになったものです。

 

被爆を避けるために、本当に色々なことを調べました。

私は、恐怖でいっぱいでした。

 

その当時、私がしていたことを、大雑把ですが、以下に書き出してみます。

 

ガイガーカウンターの購入…ロシア製のRADEX1503を、3万円(!!!)くらいで買いました。

●飲み水、料理に使う水を買う…ウォーターサーバーを契約していました。西日本のお水、またハワイのお水を買ったりしました。

●食材…西日本のものばかりを選んで買っていました。加工品は、一つ一つの材料について、電話で問い合わせてからでないと、恐ろしくて買うことが出来ませんでした。

●洗濯物…外には放射性物質が舞っているという情報を読んで、恐ろしくて外に干せませんでした。311以降は、布団も一度も外に干しませんでした。

●部屋の掃除…毎日、床を水拭きしました。しかも、使い捨てのお掃除シートを買って、水拭きしたら捨てていました。外から持ち込んでしまった放射性物質を少しでも減らすため、毎日水拭きするのが効果的との情報を読んだからです。

●外出…雨の日は絶対に出ませんでした。雨に濡れると相当被爆すると言われていたためです。また、呼吸から被爆するとも聞いたため、晴れた日にも、子どもを、室内で遊べるところにしか連れていくことが出来ませんでした(呼吸して被爆するならもう室内でも無理なんですけどね…)。

●EM飲料の購入…飲むと放射性物質を無害にするという記事を、チェルノブイリのかけはしの野呂美加さんが書かれていて、買って、家族で飲んでいました(夫はバカにしていました(笑)が付き合ってくれていました)。

 

…と、ざっと書き出しましたが、当時、私はへとへとでした。

何しろ、恐怖でいっぱいだったのです。とにかく、子どもの命を守りたい!!ばかり考え、必死でした。

 

そして、改めて書き出してみて、当時やっていたことを読んでみると、おかしすぎて笑ってしまいます。

 

今は、放射性物質なんて、全然怖くありません。

 

それは、以前の記事でも紹介しましたが、このブログに出会ったからです。

http://rapt-neo.com/?p=34519

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

 

そしてこのブログを書かれているRAPTさんのおかげで、(急展開ですが)私はイエス・キリストに出会うことが出来たのです。

原発の話題からなぜイエス様なのか?…という疑問はさておき。

 

本当に、壮大なブログです。

そして、本当に本当に、真に素晴らしいところへ導いてくれるブログです!!!

ぜひ、ぜひ読むことをおすすめします!!!

 

放射性物質、被爆については、またこれからも続きを書いていくつもりです。

f:id:faithhopelove:20161212231305j:plain

 何とも言えない色に色づいた葉っぱ。神様って、なんてセンスいいんでしょう♡

子どもの頃も、それぞれの花の色と葉の色の絶妙な組み合わせにうっとりしていたことを思い出します。