クリスマスの恐ろしい起源

世の中、クリスマス一色ですね。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、クリスマスは、実は、イエス・キリストの誕生日ではないそうです。

そして、少しネットで調べてみるだけで、悪魔崇拝にその起源があることがわかります。

 

例えば…

 

http://www.geocities.co.jp/Bookend/4738/CHRISTMAS.htm

クリスマスってなにか? より

『前にも書いたとおり、聖書には12月25日がクリスマスだという記述は全くありません。 また、祝うべきとも書いてありません。 3世紀ごろまで次の宗教がメシアの誕生日として祝ってました。 しかし、先ほども書いた通り、強制的にローマ皇帝テオドシウスが異教徒たちをクリスチャンに仕上げてしまったので異教徒の儀式がそのまま教会に入ってきて、交じり合ってしまったのです。 その起源はすべてニムロデ教から来ていますが、世界中に違う名前で溶け込んでしまいました。 ところが世界中のいくつかのメシア(救い主)教が同じ日を誕生日として祝っているのです。  

 

クリスマスは英語で"chrismas”ですが、古典英語で”Yule”と呼びます。(現在でも使われているそうです。)  これはバビロンの宗教のアングロサクソン教から来たもので"Yule-day"または「幼い子供の日」と呼ばれています。 また、その夜を「母の夜」と呼ばれ、広くこの誕生日は知られています。 それを祝う日は12月25日です。 この儀式はまさしく母子崇拝で「太陽--男」「月--女」の形を取っています。 この月の誕生日が12月24日で次の日の25日に祝うことになっていました。 このアングロサクソン教という偶像崇拝はまさしく「ニムロデ教」と言われるべき宗教なのです。

 エジプトでの母子崇拝天国の女王のイシスの息子は冬至を誕生日として祝っています。その他にも多くの偶像崇拝が12月25日または冬至、年末をメシアの誕生日として祝っています。

 

●クリスマスの様子  (随時直して行きます。間違ってたらごめんなさい。)

ちょっとしゃれて書いてみたのですが、この中には恐ろしい事実が待っています。 もう一度書きますが、この風習は聖書の中にないのです。 ほとんどがすべて古代の恐ろしい偶像崇拝の残骸なのです。

 

*クリスマスツリー(もみの木) ローマ、エジプトで古くから見られる偶像崇拝です。 ローマでは「Baal-Tamar、バール・タマー」のメシアとしての神でした。 エジプトではもみの木を「Baal-Berith、バール・ベリス」と呼んでいました。 ローマでは次のような言い伝えがあります。 アドニスの母、太陽神、すばらしい仲裁の神、彼女は木の中へと変えられてゆき その息子は神聖なものとされました。 もし母が木だったら、息子はその木にかけられなければならない。 彼は「神の枝」となって翌日生まれるかもしれないのです。

 

*月、星 そのまま、天体崇拝です。(天地万物をつくった創造主を神にするのではなく、造られたものを神とします。) 特に月は先ほどのアングロザクソン教のメシアは太陽で女は月を表していて、月の方が上位にいるのです。  「あなたに助言する者が多すぎて、あなたは疲れている。さあ、天を観測する者、星を見る者、新月ごとにあなたに起こる事を知らせる者を並べたてて、あなたを救わせてみよ。」 イザヤ書 47章13節

 

*ぶらさげてある人形 幼児犠牲です。 偶像に子供を捧げました。 あるテレビ番組でクリスマス特集が組まれ、その紹介された内容は「幼児は生きたままぶら下げられ、殺す風習がある」と見ました。

 

*巻きつけたあるモール  私の記憶によると、それは蛇(サタン)です。  資料はそのうち探します。

 

*ケーキ  ケーキは古代の偶像崇拝には付き物です。 古代のパン菓子は小麦粉に蜂蜜を混ぜて丸く焼きました。  

「子どもたちはたきぎを集め、父たちは火をたき、女たちは麦粉をこねて、『天の女王』のための供えのパン菓子を作り、わたしの怒りを引き起こすために、ほかの神々に注ぎのぶどう酒を注いでいる。 エレミヤ書 7章18節 」

スコットランドの低地でサクソン教(エッダ、マニ、と呼ばれたいたお祭り)の古い誕生祭礼では誕生ケーキ、またはヌアケーキと呼ばれるものを作っていました。 また上に立つろうそくは バビロニアでは神の祭典の前夜にろうそくが使われていて、礼拝と区別してメシアへの名誉のために使われた

 

*がちょう バビロンのチャルダー教、メシアの誕生日にがちょうが犠牲にされていた、 祭司は片手にがちょう、片手にナイフを持って捧げられた。 ローマ、エジプトでも同様であった。 また、ギリシャ、ジュピター神殿においてもがちょうは神聖なものとして扱われていました。

 

*まき クリスマスに焼くマキのことを古典英語で”Yule Log”といいます。 先ほども書きましたが”Yule”とはバビロンのメシア誕生日です。 このメシア(太陽神)の誕生日を祝うのにマキを焼いて祝うのです。 また、旧約聖書においても偶像崇拝にてマキ(たきぎ)にて火をたく行為は良く見かけられています。 ゼロアスタ教では 女性の子孫が「火のもとに生まれる」と言われています。 木が女なら、枝はメシアです。 メシアの誕生日をマキを焼いて祝うのです。 また、日本ではクリスマスディナーに豚を特別に食べると言うことはないようですがザクソン教の中では「HOG-MANAI」と言われる雄豚を捧げる儀式から来たと言われています。』

 

 

この他にも、たくさん、クリスマスの起源について書かれているサイトがあります。ぜひ、見てみてください。

 

http://rapt-neo.com/?p=40782

RAPT×読者対談〈第120弾〉クリスマスとジブリ映画に隠された闇の真実。または三島由紀夫切腹の真意。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_sGeLVBL__U

クリスマスの起源 // 古代ローマ悪魔崇拝とサタンのキリスト教

 

http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/4986651.html

クリスマスは悪魔の祭り

 

 

 

私は、押し入れにあったツリーを捨てました!悪魔の誕生日を祝いたくありません。